医院便り

ホーム > 医院便り > スタッフ

こんにちは、受付です。

12月に入り本格的に寒くなりましたね。
私は寒がりなので、コタツで蜜柑を食べることが
多くなりました。
一年中見る蜜柑ですが、私はこの時期に食べることが
多いですね。
甘い蜜柑もすっぱい蜜柑も食べてみるまで
わからないのも楽しみの一つです。

蜜柑はビタミンCが豊富なので、風邪の予防や肌荒れに
効果があります。
また、白のスジにはへスぺジンというのが含まれており
高血圧や動脈硬化を予防する効果があるらしいので
スジは取らずに食べるほうがいいですね。

色々な栄養がある蜜柑ですが、食べ過ぎは腹痛や下痢になる
可能性があるので気をつけてくださいね。

2022.12.08

こんにちは!看護師です。

こんにちは!看護師です。

10月になりましたが、まだ暑いと感じる日もあったり、寒暖差で体調がなんとなく優れないと感じませんか?
私はすごーくあります!なんか気怠いなぁ、頭が痛いなぁとか。
そんな時は、睡眠の質を少しでも上げて疲労回復に努めようと、ゆっくりお風呂に浸かっていつもより早めに間接照明に切り替えて、スマホはなるべく触らずリラックスタイムを長く取るようにしています(*^^*)
あとは腸内環境を整えると免疫力が上がるとのことで、旬のキノコを取り入れたご飯にしたり、乳酸菌を積極的に摂取したりしています!
腸活のおかげか万年便秘でしたが、少しずつ改善してきたように思いますヽ(•̀ω•́ )ゝ
便秘が解消するとダイエットにも繋がりますしいい事尽くしです♪
あとは適度な運動もいいとの事で、今月よりジムに行き始めました!
筋トレではなくプールで歩いたりしてます。
陸の上で歩くよりプールで歩く方が足腰の負担がなくカロリー消費は高いそうです(*^^*)
10数年熟成させていた筋肉を使っているので、筋肉痛で大変ですが…( ̄▽ ̄;)

色んなウイルスに負けないよう皆様も睡眠時間の確保に腸活、適度な運動で免疫力アップしていきましょう♪

2022.10.19

こんにちは。4月から入職しました受付です。

9月になり、朝晩は冷えるようになりましたが昼間はまだ暑い日が続きますね。
暑い時にはさっぱりしたものが食べたくなりますが皆さんはいかがでしょうか?

私は最近お酢にハマっています!
今回は酢キャベツとレモン酢の作り方と効果について紹介させて頂きますね。

【酢キャベツ】
キャベツを切ってお酢を適量かけて完成です。
☆お好みで塩昆布をかけても美味しいです。

【レモン酢】
①表面に防腐剤の使われていないレモン2個を洗い、皮のついた状態で薄く輪切り
にします。
②煮沸消毒した瓶にレモンと氷砂糖(レモン2個に対して180グラムくらい)を交互
に入れます。
③お酢をレモンと氷砂糖が浸るくらい入れます。
④冷蔵庫に数日寝かして氷砂糖が溶けたら完成です。

【効果】
お酢にはアミノ酸や酢酸が含まれています。
これらは脂肪燃焼をサポートしたり、脂肪の蓄積を抑制する作用があります。
それに加え、食事にお酢を取り入れることで食後の血糖値の急上昇を防ぐ効果が
あります。
キャベツには食物繊維が豊富に含まれているため、腸内環境を整えてくれます。
レモンはクエン酸やビタミンCが豊富です。
疲労回復や風邪予防に効果があります。

とても簡単に作れて美味しいです!
お酢にも様々な種類がありますので、好みのお酢を探すのも楽しいですよ。
皆さんも是非食事にお酢を取り入れて、美味しく栄養を摂りましょうね。

2022.09.07

夏バテに効果的な食べ物

こんにちは看護師です。暑い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。
私は出勤する時の駅からの短い道のりでさえバテてしまいそうです。
今回は夏バテに効果的な食べ物についてご紹介いたします。

① 夏野菜
夏に旬を迎える野菜は比較的安価で美味しく、汗をかいたときに必要となるカリウムや水分などが豊富です。旬の時期に栄養価が高く、体にこもった熱をクールダウンしてくれます。(ナス・トマト・トウモロコシ・みょうが・ゴーヤ・オクラ・枝豆・きゅうり・かぼちゃなど)

② 魚やかまぼこ
疲労回復に効果的な良質なたんぱく質が豊富で弱った内臓を修復します。特にかまぼこは暑い夏に火を使わずに切るだけで簡単に食べられるのでお勧めです

③ 鶏肉や豚肉
  スタミナ増強効果があります。ビタミン豊富で疲労回復・夏バテ解消に効果があります。
うま味成分も含まれており調理しやすく抗酸化作用も期待できます

④ うなぎ
栄養価が非常に高く、特にエネルギー代謝に必要なビタミンB群、抵抗力を強めるビタミンA・ビタミンEが豊富です
⑤ 梅干し・酢の物
唾液と胃酸の分泌を促し食欲増進効果があります。夏に代謝が落ちることでダルくて疲れも貯まりがちになりますが、クエン酸は代謝をアップさせます

夏バテ予防は日々の生活習慣を整え、栄養バランスの整った食事をとることが基本です。
体を冷やし過ぎないことや食事のコツも意識しながら元気に楽しくこの夏を乗り切りましょう。

2022.06.26

睡眠時無呼吸症候群(SAS)を疑われる方は、お気軽にお問合せ下さい。

ますたに呼吸器クリニック
☑ 大阪府大阪市都島区片町1-5-4 栄ビル4F
☑ 天満橋駅・JR大阪城北詰駅②より徒歩8分
非常階段2方向あり、スプリンクラー設置
06-6351-2322
お問合せ・ご予約フォーム